ソープと酒が大好きな40代独身の日常

ソープランドという"性"地へ 癒しを求め、快楽を求めさまよう…

酒と女をこよなく愛するわたくし蟒蛇先輩が全国を渡り歩き
美味い酒と風俗を楽しむ、おそらく誰も得しないブログ

うわばみせんぱいのそーぷほうろうき

ソープランドの料金について

2014/12/01

雄琴・シルクロード入口

ソープランドが集まる街、いわゆる「ソープ街」は東京の吉原や神戸の福原、滋賀県の雄琴などが有名です。江戸時代の遊郭が今のソープになっているケースが多いのが特徴です。一方で雄琴は比較的新しいソープ街です。

また、ソープは日本の風俗では唯一本番行為ができる風俗のジャンルとして知らています。これはグレーゾーンなのですが事実上黙認されているのが現実で、ソープと言えば本番行為ができるものと認識されています。

ソープランドは入浴料とサービス料に分かれているのが特徴です。入浴料は店に支払いサービス料はソープ嬢に支払います。ほとんどの店はホームページに入浴料しか記載していませんので、利用するときは電話で確かめる必要があります。

また一部の地域ではサービス料と入浴料を合算した総額表示を行っている店があります。たとえば神戸の福原などのソープランドはこの総額表示です。

ソープランドの料金は様々で安い店だと合計2万円で遊べる店もあります。でもこうした店はソープ嬢のレベルが低いので注意が必要です。満足して遊びたいなら5万円くらいの店で遊ぶのが無難だと思います。高級店になると10万円以上の店もありますのでソープランドは奥が深いです。

滋賀・雄琴はこんなところです

  • 比叡山坂本駅

  • 日吉大社

  • 琵琶湖

  • 川筋通り

兵庫・福原はこんなところです

  • 新開地商店街

  • 金刀比羅宮神戸分社

  • 多聞通り

  • JR神戸駅