男ならソープは高級店から超高級店を目指そう!

2014/12/17

たまに聞かれるんですが、プライベートセックスとソープ遊びに違いはあるのかというと、これは全然違います。しかし、どちらも楽しいことに変わりはありません。特にお店の入り口を入った瞬間のワクワク感は、ディズニーランドの数百倍はあると言っても過言ではありません。ディズニーランドは主に金持ちの女子供に夢を売っていますが、ソープは未来の見えないオッサンにも夢を売ってくれるという訳です。

札束

ご存知のオッサンは多いと思いますが、ソープは値段によって高級店、大衆店に分かれます。超高級店は総額10万円を超える所もありますが、おおよそ5万円以上の店のことです。この超高級店のみでしか遊ばない人は一般人ではあまり多くないと思いますが、ソープ好きで高級店を経験したことがない人は、1回は行ってみるといいと思います。世界が変わります。て言うか男ならココを目指すべきです。懐が寂しい?小遣いが少ない?知ったことか。私は塩パスタで飢えをしのぎながら高級店に足しげく通っているのです。見習え。いや見習わなくていい。

出てくる女の子とサービスの質の高さ。ゆったりと楽しめるプレイ時間の長さがやっぱり桁違いです。大衆店の短い時間で満足出来ない人は多いと思います。だからこそ奮発して高級店に行くことをおすすめするのです。

きっと払ったお金以上の満足が得られます。お金をケチって満足が得られないのでは本末転倒ですから積極的に高級店に行って、いつかは超高級店の豪華な部屋で女優のようなソープ嬢を相手にしたいと夢を見るのも悪く無いと思います。

ソープランドって誰が経営しているの?

とはいえ、やはり大金を使うわけですから尻込みしてしまう気持ちもわかります。ましてや、今まで風俗に行ったことのない男性がいきなり高級店と言うのはハードルが高いかもしれません。金銭的なものもあるでしょうが、高級なお店になるほど「バックに怖い人がいるのでは…」なんて疑問を持つ方も多いのではないでしょうか。そんな不安を解消するため、たびたびお酒に付き合ってくれる元風俗嬢のセフレお友達に話を聞く機会がありましたので、ご紹介しようと思います。

ヤ○ザ

よく「ソープランドは裏でヤ○ザが経営していて」などといった話もありますよね。もしかすると、そのようなお店もあるのかも知れませんね。けれども、私が働いていたお店に関しては、ヤ○ザがいるような感じはまったく感じなかったですけれどね。

私がアルバイトをしていたお店、頼まれて経営を引き受けた元風俗嬢の女性が店長をしていましたね。女性の店長はめずらしいと感じる方もいるかも知れませんが、確かに店長はめずらしいにしろ、女性のスタッフがいるお店は、実は結構あるのですよね。

たとえるならば、保育園などの保育士さんにおける男性保育士ぐらいの割り合いでしょうか。なぜ、保育士のたとえを出したかと言いますと、店長が元保育士だったからです。それで、なんとなく思いつきました。実際に彼女も、そのような例えを用いていましたし。さらに余談となりますが、風俗嬢には元保育士さんや介護士さん、ときには看護師さんなどもいるそうで。

さて、本題に戻りますと、一般的な女性が経営しているお店もありますし、また黒服から入ってお店の経営をしている男性もいます。ですから、風俗店は怖い人が経営するものだとは、一概には言えないだろうと思います。

男なら一生に一度は行きたい超高級店(私はまだ行ってません)

  • コルドンブルー(吉原)

  • 彩桜 -さくら-(福原)

  • 皇帝別館(雄琴)

  • ジュリエット(金津園)